日本交通事故鑑定人協会による『鑑定人賢者会議』サービスのご案内

 

この度、我が国唯一の第三者交通事故調査機関であり、我が国で最初に交通事故鑑定学を学問として確立した『日本交通事故鑑定人協会』が提唱する、新たな交通事故紛争解決の為の方法をご紹介致します。

 

この新たな交通事故紛争解決手段の事を、日本交通事故鑑定人協会では、『賢者会議』と名付けました。

 

この新たな手法は、裁判も行わない、当然、弁護士も必要としない、お金をかけないで、事故の当事者や保険会社が皆納得して、交通事故を解決する新しい動きとして、各方面より非常に注目されて居ます。

 

何と言っても、「お金をかけないで、人任せにせず、事故の当事者が自分達で話し合いを繰り返す事で、遺恨を残さず、円満に事件を解決出来る」ところが、今までの様に高額な弁護士費用をかけたのに、思った様な成果が得られない、従来の方法とは異なる所です。

 

 

…この『賢者会議』は、主に物損事故の場合の解決方法と考えて下さい。

休業補償や慰謝料が必要となる人身事故の場合には、やはり、弁護士を介した方がよろしいでしょう。

 

万一、弁護士が必要な場合でも、日本交通事故鑑定人協会には、独自の弁護士ネットワークがありますから安心です。

 

 

『賢者会議』に於ける交通事故鑑定人の立場は、「事故の再現を行った上で、事故の当事者に、事故の瞬間に何が起こったか」を分かりやすく、事故の当事者に説明したり、その場で様々な質問にお答えする事です。弁護士法の規定により、交通事故鑑定人が債権交渉を行うものではありません。あくまでも、交渉は事故の当事者同士が行う事になります。

 

…通常ですと、事故の当事者同士だけで話し合いをしようとすると、喧嘩になったり、話し合いの場に、相手が来ない事もあります。

 

しかし、日本交通事故鑑定人協会の信頼出来る交通事故鑑定人が、話し合いに同席する事で、話し合いがスムーズに進む所が、何よりも魅力なのです。